inari111 blog

Webエンジニアの備忘録

VimからAtomに乗り換えた

ずっとVimを使っていたんだけど、Atomに乗り換えて1ヶ月半ほど経った。
Vimが嫌いになったわけではない。
思ったよりもAtomがよかった、それだけである。

入れたPackageを紹介していく。

Packageインストール方法

コマンドラインで(エディタからもできる)

apm install package_name

(例) apm install vim-mode

インストールしたPackage

vim-mode

vimのキーバインディング再現。
これ大事。
しかし、物足りなさは否めない。

file-icons

ファイルリストの横に種別アイコンを表示してくれる

term2

ターミナル用拡張
最初はエラーで入らず。
解決はこれが参考になりそう
AtomにTerm2を入れた時に若干ハマった話

sublime-style-column-selection

sublime風の矩形選択

docblockr

コメントのテンプレを足してくれる
意外と便利

autoclose-html

閉じタグの自動入力
Vimでは自動入力にしてなかったんだけど、自動入力に慣れてしまった

git-log

commit logとかbranchとかを見やすく表示

git-plus

git のコマンドをパレットから利用可能にする
編集したファイル数が少ないときは、Atom上でcommitしている

merge-conflicts

gitのconflictを直しやすいらしい
git merge しやすい UI を表示
使ってない

pretty-json

JSON を整形できる

regex-railroad-diagram

正規表現をダイアグラムで可視化してくれる

autocomplete-plus

入力補完

autocomplete-paths

path入力時の補完

linter

いろんな言語のシンタックスエラーとかを表示してくれる

compare-files

diffを見る
たまに使ってる

tabs-to-spaces

Space⇒Tab、Tab⇒Spaceの置換を行う
タブとスペースが混じったソースコードはこれで一括で変換するのもあり。
便利だと思う

Ctrl+Shift+Pでコマンドパレットを起動

tabs-to-spaces:tabify
tabs-to-spaces:untabify

tabifyがスペース⇒タブ、untabifyがタブ⇒スペース

カーソルの行にアンダーラインをつける

f:id:tky-24:20150506213316p:plain

Vimもアンダーラインつけてるから、ないと落ち着かない。

Syntax Themeの設定を編集

.line.cursor-line {
    border-bottom: 1px solid rgba(255, 255, 255, 0.5);
}

他にも convert-to-utf8 や ConvertToUtf8Plus を入れたけど、結局UTF8以外の案件はVimでやることにしてる。

まとめ

起動は遅いんだけど、他の部分は満足している。
編集したファイルはツリーの色変わってて見やすいし。
Sublimeとの違いは何なのかって聞かれると、うまく答えられないけど、、、
なんかSublimeは好きになれなかった。
便利なプラグインもあるし(今後も増えていくだろうし)、使い続けて損はない。

しっくりくるSyntax Themeないので、時間あったら自作しようかな。

おすすめのPackageやSyntax Themeあったら教えてくださいm( )m