inari111 blog

Webエンジニアの備忘録

CentOS6.5にPHP5.5をインストールする

デフォルトだとphp5.3だった。
この際新しくする。

yumを最新にする

# yum install yum-fastestmirror
# yum upgrade
# yum update

リポジトリの取得と初期インストール済みパッケージのアップデート

GPGキーをインポートとリポジトリファイルを追加

# rpm –import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
# cd /etc/yum.repos.d
# wget http://rpms.famillecollet.com/remi-enterprise.repo

インストール

yumコマンドを実行するときに、レポジトリをremiに指定すれば良い。

# yum --enablerepo=remi update

php5.5をインストールしたかったんだど、入ったのは5.4 ..........


こちらも試してみる

epelのリポジトリを追加

# rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

remiのリポジトリを追加

# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

いろいろインストールしてみる

# yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php55 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-phpunit-PHPUnit php-pecl-xdebug

phpのバージョンの確認

[root@localhost ~]# php -v
PHP 5.5.14 (cli) (built: Jun 25 2014 18:14:36)
Copyright (c) 1997-2014 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0, Copyright (c) 1998-2014 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.0.4-dev, Copyright (c) 1999-2014, by Zend Technologies
    with Xdebug v2.2.5, Copyright (c) 2002-2014, by Derick Rethans

ふう、php5.5になった。